top hand made main hobby diary bbs
ヒッチコック劇場
SEASON5   home>main>ヒッチコック劇場>第5シーズン その1
PART1
PART2 Season1/Season2/Season3/Season4/Season5/Season6/Season7
Part1/Part2/Part3/Part4
PART3
 
PART4

154."Arthur"
第152話「殺人経験者」
--------------------------------------------------------------
監督:アルフレッド・ヒッチコック(Alfred Hitchcock)
脚本:ジェームス・P・カバナフ(James P. Cavanagh)
原作:アーサー・ウィリアムズ(Arthur Williams)
出演:ローレンス・ハーヴェイ/ヘイゼル・コート(Laurence Harvey/Hazel Court)
--------------------------------------------------------------
あらすじ>養鶏場を営むアーサーの元にかつての婚約者へレンがたずねてくる。彼女はアーサーを捨て、別な男の元に走ったのだが、その男とは別れてよりを戻そうというのだ。ヘレンの身勝手さに怒りを覚えたアーサーはヘレンを殺してしまう。数日後、失踪したヘレンの足跡を追って警察がやってきた。警察は彼を疑うが、彼女の死体を見つけることができない・・・。
--------------------------------------------------------------
Note>邦訳あり(「この手で人を殺してから」〔原題 "Being a Murderer Myself"〕<「世界ミステリ全集18 37の短編」 早川書房>) 独白形式で自らの犯罪を語るアーサー役のローレンス・ハーヴェイが絶品。オチとしては早くにこちらではわかってしまうが、それでもぐいぐい引っ張っていく手法は見事。原作では新たにアーサーに思いを寄せる家政婦が登場するが、ヒッチコックは変わりにラストのコメントで、別なオチを・・・。リメイクあり。

155."The Crystal Trench"
第168話「アルプスの悲恋」
--------------------------------------------------------------
監督:アルフレッド・ヒッチコック(Alfred Hitchcock)
脚本:スターリング・シルファント(Stirling Silliphant)
原作:A・E・W・メースン(A.E.W. Mason)
出演:ジェームス・ドナルド/パトリシア・オーウェンス(James Donald/Patricia Owens)
--------------------------------------------------------------
あらすじ>ヴァイスホルン山にて不幸な事故が起こった。初心者ばかりの登山家たちが遭難したというのだ。そのホテルに居合わせたカヴェンディッシュは事故にあったバクスターの妻ステラと出会う。夫の事故に悲しみに打ちひしがれるステラを慰めているうち、彼の心に愛情が芽生える。しかし、ステラは夫の遺体が見つかるまで結婚はしないといって・・・。
--------------------------------------------------------------
Note>二人の40年間に渡る希望を打ち砕くラストが悲しすぎてなんともやりきれない。ヒッチコックのいつもの前後説のスケッチがないと見てられなかっただろう。

156."Appointment at Eleven"
第121話「午後十一時」
--------------------------------------------------------------
監督:ロバート・スティーブンス(Robert Stevens)
脚本:エヴァン・ハンター(Evan Hunter)
原作:ロバート・ターナー(Robert Turner)
出演:クリント・キンブロー/ノーマ・クレーン(Clint Kimbrough/Norma Crane)
--------------------------------------------------------------
あらすじ>デビッドは父が嫌いであった。若いころ別な女性をつくって家族を捨てた父が嫌いだった。ふらりと立ち寄ったバーで見知らぬ女性に父に対する苦い思い出を話していると、彼は飲まずにいられないのだった。泥酔した彼はバーを渡り歩く。時刻は11時。そのとき新たなる父への苦い思い出が作られるのであった・・・。
--------------------------------------------------------------
Note>邦訳あり(「十一時のニュース」<「アメリカ探偵作家クラブ傑作選/第1」 東京創元社>)

157."Coyote Moon"
第143話「山犬」
--------------------------------------------------------------
監督:ハーシェル・ドーティ(Herschel Daugherty)
脚本:ハロルド・スワントン(Harold Swanton)
原作:ケネス・B・パーキンス(Kenneth B. Perkins)
出演:マクドナルド・ケアリー/コリン・ウィルコックス(MacDonald Carey/Collin Wilcox)
--------------------------------------------------------------
あらすじ>ジョンはたまたま乗せた3人のヒッチハイカーに、車を盗まれてしまう。必死に後を追いかけたジョンは、とうとう町の簡易食堂で彼らを見つけることに成功する。ジョンは彼らに対する報復のため、ヒッチハイカーになりすまし別な車を盗んで彼らに罪を擦り付けるのだが・・・。

158."The Silent Witness"
第92話「目撃者」
--------------------------------------------------------------
監督:ノーマン・ロイド(Norman Lloyd)
脚本:ウイリアム・フェイ(William Fay)
原作:タルミジ・パウエル(Talmadge Powell)
出演:ブライアン・キース/ジョアンナ・モーア(Brian Keith/Joanna Moore)
--------------------------------------------------------------
あらすじ>デーブは人口肺をつけていないと呼吸することができない体だった。彼の心配は彼がそんな体になったことで、若い妻のシンディが夫を裏切り、不倫あるいは自分を殺してしまうのではないか、ということだった。はたして、シンディはアーノルドという男と親密になり、デーブの不安は的中してしまう・・・。

159."Anniversary Gift"
第96話「報酬」
--------------------------------------------------------------
監督:ノーマン・ロイド(Norman Lloyd)
脚本:ハロルド・スワントン(Harold Swanton)
原作:ジョン・コリア(John Collier)
出演:バーバラ・バックスレイ/ハリー・モーガン(Barbara Baxley/Harry Morgan)
--------------------------------------------------------------
あらすじ>マイラはどこかその子供っぽい性格の故か、いろいろなペットを飼うことが趣味であった。「趣味」というには度がこえており、その世話はすべて夫のハーミーに託されるのであった。そんな妻に愛想を尽かしたハーミーは彼女を殺すことを計画する。彼は町のアマチュアのコレクターから毒蛇を購入してくるのだが・・・。
--------------------------------------------------------------
Note>邦訳あり(「記念日の贈物」<「炎の中の絵」 異色作家短編集6 早川書房>) 原作の持つユーモアと皮肉が映像化に生きていることを望む。リメイクあり。

160."Dry Run"
第137話「選抜試験」
--------------------------------------------------------------
監督:ジョン・ブラハム(John Brahm)
脚本:ビル・S・バリンジャー(Bill S. Ballinger)
原作:ノーマン・ストゥルバー(Norman Struber)
出演:ウォルター・マッソー/ロバート・ヴォーン(Walter Matthau/Robert Vaughn)
--------------------------------------------------------------
あらすじ>アートは彼のボスであるバルボッサに認められたがっていた。バルボッサは彼にモランという男を殺すよう命令する。アートにとってはチャンスであったが、モランはなかなか隙を見せない。ついにモランと退治することができたアートだったが、そこでモランに取引を持ちかけられて・・・。
--------------------------------------------------------------
Note>邦訳あり(「大物への道」<マンハント 1962/12月号>)

161."The Blessington Method"
第147話「みんなが長生きする時代」
--------------------------------------------------------------
監督:ハーシェル・ドーティ(Herschel Daugherty)
脚本:ハルステッド・ウェルズ(Halsted Welles)
原作:スタンリィ・エリン(Stanley Ellin)
出演:ヘンリー・ジョーンズ/ディック・ヨーク(Henry Jones/Dick York)
--------------------------------------------------------------
あらすじ>トリードウェル氏は娘が結婚し独立したのを気に、妻の老いた母親を引き取ることとした。しかし、老母の世話は思った以上に夫妻に負担をかけてしまう。そんな時老齢学協会のバントという男が訪れる。彼はトリードウェルに義母の始末を持ちかけてきて・・・。
--------------------------------------------------------------
Note>邦訳あり(「ブレッシントン計画」<「九時から五時までの男」 ハヤカワミステリ文庫>) 原作では妻の父親であったが、映像化では母親に代わっている。いかにも現代的な作品。ラストのバント(原作ではバンス)氏の言葉が深く刺さる。

162."Dead Weight"
第125話「目撃者」
--------------------------------------------------------------
監督:スチュアート・ローゼンバーグ(Stuart Rosenberg)
脚本:ジェリー・ソール(Jerry Sohl)
原作:ハーブ・ゴールデン(Herb Golden)
出演:ジョセフ・コットン/ジュリー・アダムス(Joseph Cotton/Julie Adams)
--------------------------------------------------------------
あらすじ>コートニーは妻に隠れて若い愛人と不倫をしていた。彼がその女性と部屋にいるとき、強盗が侵入してしまう。格闘の末、強盗を捕らえることができたコートニーだったが、このまま警察に通報すれば、不倫のことが妻にばれてしまう。そこで強盗を外へ連れ出すことにしたのだが・・・。

163."Special Delivery"
第139話「速達小包」
--------------------------------------------------------------
監督:ノーマン・ロイド(Norman Lloyd)
脚本:レイ・ブラッドベリ(Ray Bradbury)
原作:レイ・ブラッドベリ(Ray Bradbury)
出演:スティーブ・ダーン/ビアトレス・ストレート(Steve Dunne/Beatrice Stra)
--------------------------------------------------------------
あらすじ>11歳の少年トミーの元にとある会社から速達小包が届けられる。箱の中にはきのこが詰められていた。トミーの父のヒューは精神を病み、火星人が地球を侵略すると言う妄想に取り付かれていた。そのきのこが届けられてから近所の人々が消えてしまっている・・・そのきのこは火星からの贈り物に違いない・・・そう考え始めるヒューであったが、実は・・・。
--------------------------------------------------------------
Note>邦訳あり(「少年よ、大茸をつくれ!」〔原題 "Boys! Raise Giant Mushrooms in Your Cellar!"〕<「よろこびの機械」 ハヤカワ文庫NV 212>)

   
Season1/Season2/Season3/Season4/Season5/Season6/Season7
Part1/Part2/Part3/Part4
home>main>ヒッチコック劇場>第5シーズン その1
inserted by FC2 system